プロダクトデザイン事例

超精密加工機プロトタイプ

実験機として企画・開発された超精密加工機のプロトタイプです。

実績画像

東芝機械株式会社

東芝機械株式会社は、静岡県沼津市に本社を置く総合機械メーカーです。工作機械からスタートした技術を射出成形機、ダイカストマシン、押出成形機、印刷機械、精密加工機、微細転写装置、電子制御装置、ロボット、油圧機器、鋳物、半導体装置などの様々な事業に展開しています。ダイカストマシンのシェア世界首位。


「超精密」がイメージできる
スタイリッシュな工作機械にしたい

工業デザイン、構造設計、製作までをアドライズが担当

実験機に合わせた専用の外装カバーを取り付ける目的で、本機を取り扱うユーザーに「超精密」の印象を持ってもらいたいとのご依頼でした。

工業デザイン

工業デザイン

構造設計

構造設計

カバーの製作

カバーの製作


工業デザイン

  • プロダクトデザインのコンセプトキーワードは、超精密とユーザー目線の操作性。
  • 機械装置のサイズが綺麗な立方体であったため、素材を最大限に生かすため、あえて角部を丸くせずに立方体を強調したデザインとしています。
  • カラーリングは白を基調に黒を入れることでコントラストをつけ、四角い形状の美しさを引き立てました。

構造設計

  • 本機の正面には引き戸式の「窓付き扉」が配置されます。2 枚構成のスライド扉にすることにより、扉を開けたときの開口面積を広く取れ、加工室へのアクセスのしやすさが向上しています。さらにポイントで素材をステンレスにし、造形をいれることでデザインを特徴付け、本機のシンボルとしています。
  • カバーは鋼材フレームを組み立て、スチール製カバーで覆う構成としています。加工機本体とは接続せずに独立した格好です。
  • 扉開閉のための安全スイッチである電磁ロックを装備

カバーの製作


角パイプSTKRを溶接組みしたフレーム5面をボルト締結によって組み立てている様子

カバー完成直後。SUSや窓に保護シートを残し、傷がつかないように注意しています。


納入品


3Dデータ

図面

外装カバーの製作品

カバー仕様

サイズ: 2000x2000x1800
構 造: 鋼材フレーム+板金カバー
材質+表面処理
フレーム:STKR+ウレタン塗装
カバー、スライド扉大: SPCC+ ウレタン塗装
スライド扉小のみ: SUS+ ヘアライン
窓: PVC (RoHS 対応)

お客様の声

カバーについては、デザインから構造設計、製作までアドライズに任せられるので、 機械内部の設計に集中することができた。 初期の段階でデザイン3案を提案してもらえた。機械の構造の検討の幅が広がったのがよかった。

>無料相談窓口

無料相談窓口

カバーの設計や製作について、ご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

CTR IMG