アドライズが選ばれる3つの理由

なぜ、アドライズの機械カバー制作が選ばれるのか

カバー制作の実績
一層のグローバル化が進む中、産業機械の分野においてもメーカー各社は差別化するための手段の一つとしてデザインに力をいれています。商品である機械の高性能さ、高品質さ、ブランドの良さを表現するためにもデザインはとても有効です。株式会社アドライズは、今日の競争環境において、”デザイン性アップ”のサポートをすることを目指しています。産業機械、工作機械、ロボットの機械カバーに分野を絞り、工業デザイン、板金設計、試作までの開発サービスに工程を絞り、特化することで、専門性を極限まで高めてきました。

アドライズの機械カバー制作が選ばれる3つの理由

1)産業機械カバー専門の工業デザイナーがデザイン性アップを追求

デザインは、商品販売への影響が大きい要素です。アドライズは、お客様の商品である機械の「デザイン性アップ」が重要テーマの一つだと考えています。工業デザイナーは、まず機械の用途、競合機種、流行のデザインの調査を入念に行います。そこから始めて構想に入り、アイデアを出し、コンセプトを考え抜きます。考え抜いたアイデアをスケッチブックやイラストレーター上に形状とカラーとバランスで表現してゆきます。デザイン案件1件で、お客様に提案する案は通常3つですが、没案とカラーバリエーションを合わせると最終的に30案を裕に超えます。産業機械専門の工業デザイナーが、売れる製品づくりに向け、最適なデザインを追求し、ご提案します。そして、機械カバー開発を丸ごとお引き受けするケースでは、デザイン決定後も、設計~試作製作まで納品までデザイン監理に関わります。 一方で、工業デザインのみご依頼のお客様には、ご希望により、サポート契約が可能です。 提案したデザインが実現できるよう、お客様の設計、製作を支援いたします。
産業機械カバー専門の工業デザイナーがデザイン性アップを追求

2)板金設計、機構設計が得意多様な要望に応えるカスタム製作

株式会社アドライズには、産業機械に特化したデザイナーと板金設計、機構設計が得意な設計者が在籍しています。設計者はデザイナーから指示されたデザイン画を元に、板金・筐体の構造として成立した3Dデータを設計し、図面を書き上げます。設計者はデザイナーと社内で高い頻度で打ち合わせることができるので、情報伝達が正確で時間にムダがありません。産業機械のカバーは、一般的に板金加工によって製造されますが、この板金構造について株式会社アドライズは、これまで産業機械メーカー50社、1000案件を超える設計開発の経験と実績を積み重ねてきました。筐体構造と強度、板金加工で可能な形状、コスト感などの豊富な知見があり、板金設計、機構設計は得意とするところです。標準的なフレーム、カバー、扉の構造はもちろん、防音、防水、X線遮蔽、CE対応など、機械カバーの多様なご要望に応えるカスタム製作がお客様から好評いただいています。
板金設計、機構設計が得意多様な要望に応えるカスタム製作

3)板金製造会社との連携により、デザインから試作の納品までワンストップ

株式会社アドライズは、板金製造の機能を持ちません。板金部品は、数多ある板金製造会社の中から特に優れた会社との連携により、調達しています。株式会社アドライズに在籍するデザイナーと設計者は、デザイン、設計、組立の開発作業に専念します。この連携体制により、機械カバーのデザインから設計、試作、納品までワンストップでの提供を実現しています。機械カバー開発を丸ごと私たちにご依頼することにより、お客さまは、重要な機械内部の設計・開発に集中する時間を確保できます。設計リソース確保と納期短縮にも貢献します。
板金製造会社との連携により、デザインから試作の納品までワンストップ

お問合せはこちら

WEBからのお問合せ
 お電話でのお問合せ
0266-75-0570

お客さまの機械カバー開発を丸投げでお引き受けすることにより、外観のデザイン性能アップ、さらに設計リソース確保と納期短縮にも貢献します。デザインのみ、設計のみ、製作のみといった、部分的なご依頼にも全力でサポートしますので、デザイン性を高めたい、操作性を良くしたい、CEなど安全規格に対応したいなど、機械カバーに関する疑問点などがありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。


こちらのリンクもご覧ください

他社との違い
 
アドライズにできること

>無料相談窓口

無料相談窓口

カバーの設計や製作について、ご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

CTR IMG